HOUSTON ASTROS FAN PAGE
 ◆アストロズ選手データ ◆Official Page : http://www.astros.com

 遊撃手から突然投手へ変貌。フランチャイズプレイヤーとして期待の投手。
 意外と制球力があり、あだ名は「コーチ、サンプソン」。

 注:英文表記に慣れるため英語にて記載しております。英文文字にカーソルを当てると日本語訳が出ます。

 【43】 クリス・サンプソン [ Chris Sampson ][ Full Name = Christopher K. Sampson ]
 [ 投手 右投げ/右打ち/30歳 ][ メジャーデビュー06/06/02 ][ 誕生日78/05/23 ][ 出身:テキサス州]
Year Team Org. Level G AB AVG HR RBI SB R H 2B 3B BB SO SLG Salary
1999 Auburn (NYPL) HOU A- 51 159 .239 1 19 21 23 38 7 3 22 49 .340
Year Team Org. Level ERA W L SV G GS CG SHO IP H R ER HR BB SO Salary
2003 Lexington (SAL) HOU A 1.39 4 3 1 22 14 0 0 84.0 66 17 13 2 14 66
2003 Salem (Caro) HOU A+ 5.91 1 1 1 9 0 0 0 10.2 14 8 7 0 5 6
2004 Salem (Caro) HOU A+ 3.80 7 11 0 27 27 2 2 151.2 170 72 64 8 26 101
2004 Round Rock (Tex) HOU AA 0.00 0 0 0 1 0 0 0 2.0 3 0 0 0 0 1
2005 Coprus Chr (Tex) HOU AA 3.12 4 12 4 32 19 2 1 150.0 147 67 52 11 19 92
2006 Round Rock (PCL) HOU AAA 2.51 12 3 4 27 18 0 0 125.2 110 48 35 12 14 68
2006 Houston Astros HOU MLB 2.12 2 1 0 12 3 0 0 34.0 25 10 8 3 5 15 $327,000
2007 Round Rock (PCL) HOU AAA 0.00 1 0 0 2 0 0 0 3.0 3 0 0 0 2 0
2007 Houston Astros HOU MLB 4.59 7 8 0 24 19 0 0 121.2 138 64 62 20 30 51 $380,000
Story of Sampson
サンプソンは、1999年のドラフトで、アストロズから8巡目(全体263番目)で指名され、プロ契約をいたしました。

当初、遊撃手として入団したサンプソンは、シングルAオーバーンで、51試合に出場し、打率.239、1本塁打、21盗塁、19打点の成績でしたが、2000年2月に一度自ら引退をしています。これは、過酷なマイナー生活により崩壊寸前だった、奥さんとの夫婦生活の改善を優先させた結果でしたが、報われず離婚となってしまいました。

その後サンプソンは、ダラス郊外プラノのコリン・カウンティ・コミュニティ・カレッジ(短大)の大学野球チームで仕事を見つけ、アシスタントコーチとしてしばらく働いていました。そこでのある日、彼の人生を変える出来事があるとは思ってもいませんでした。

それは、とある紅白戦中にピッチャーが突然ケガをしたため、急遽コーチであるサンプソンが代理投手として助っ人参加することになり、いきなり6人の打者と対戦し、5人から三振を奪いました。ヘッドコーチのグレッグ・デニスが、「なぜ、プロ野球をやめたんだ」と言ったことがきっかけで、サンプソンは2回目のチャンスをアストロズに求めました。そして、2003年のマイナーリーグのスプリングトレーニングに招待されました。

しかし、この話にはもう1つの運命の巡り合わせがありました。この、6打者中5奪三振を奪ったとき、バッテリーを組んだのが、当時大学1年生だったJ.R.トウルズだったのです。この時は、コーチと選手の立場であり、あまり会話をしませんでしたが、お互いの存在は覚えていました。その翌年には、大学野球チームが廃止となり、二人は会うことがありませんでした。

そして2003年、みごとピッチャーとして復活し、実績を重ねて行きました。
2006年には、トリプルAラウンドロックで、12勝3敗、防御率2.51というすばらしい成績を収め、ついに念願のメジャーデビューを果たすことが出来ました。

メジャーデビューは、6月2日のシンシナティ・レッズ戦。この日先発したワンディ・ロドリゲスが大乱調で1回1/3で降板し、引き継いだのが彼である。このリリーフ登板で、5回1/3を投げ、6安打3失点とまずまずのデビューを果たしました。

彼が、メジャー初先発のマウンドに立ったのは、6月7日地元ミニッツメイドパークでのシカゴ・カブス戦。この日は、7回を3安打に抑える好投を見せ1勝目をゲット。試合も1−0で勝利しています。

2007年、開幕からローテーションに名を連ねたサンプソンでしたが、3点台だった防御率が、6月には5点台に低下と、右ひじ痛に悩まされました。

同年9月、コールアップによりJ.R.トウルズがメジャーへ昇進した際、クラブハウスでサンプソンと対面した時に、「こんにちは、コーチ。お久しぶりです!」と冗談で挨拶したことで、チームメイトからは、「ヘイ!コーチ、サンプソン!」と言う呼び名が定着したようです。

2008年は、サンプソンとトウルズの映画のようなバッテリーが、実現味を帯びています。また、2007年は、2番目の奥さんとの間に、長男のC.J.君も誕生し、サンプソンの活躍にも期待が持てそうです。


このページはメジャーリーグ「ヒューストン=アストロズ」を応援するサイトです。
TOPページへ戻る
間違いや意見などございましたらコチラまでお知らせください。情報提供もお待ちしています。
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO