HOUSTON ASTROS FAN PAGE
 ◆ディビジョンシリーズ2004 ◆Official Page : http://www.astros.com

 2004年は、アストロズがシーズン最終戦でワイルドカード争いを制してプレーオフに進出!
 地区シリーズとなるディビジョンシリーズでは、アトランタ・ブレーブスとの戦いが決定!


シーズン後半、12連勝やホームゲーム18連勝と驚異の追い上げでプレーオフの切符を手に入れたアストロズ。
対戦相手は、勝率1位のカージナルスとワイルドカードのアストロズが同地区のため、勝率2位のブレーブスとワイルドカードのアストロズとの対戦カードとなった。
奇しくもアストロズは、過去3度(1997,1999,2001)ブレーブスとディビジョンシリーズで対戦し3敗を喫しているが、毎年事情が違うため、数字上の勝敗は関係ない。現状のベストを付くし突き進むのみである。


- DIVISION SERIES 2004 -

【ディビジョンシリーズ試合結果】

10月 6日:ヒューストン・アストロズ vs アトランタ・ブレーブス (ターナーフィールド)

     先発:[HOU] R.クレメンス(18勝4敗,防御率2.98) - [ATL] J.ライト(15勝8敗,防御率3.28)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9   R H E WinStar
 Houston 0 0 4 0 3 0 1 0 1   9 13 1  ☆
 Atlanta 1 0 0 0 1 1 0 0 0   3 7 0  

【勝】 R.クレメンス(1勝0敗)  【負】 J.ライト(0勝1敗)
【本塁打】 [HOU] B.オースマス(1号)、L.バークマン(1号)、C.ベルトラン(1号)、J.レーン(1号)
       [ATL] A.ジョーンズ(1号)
ターナーフィールド入場者数 : 41,464/50,091人

Houston AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG   Atlanta AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG
C.ビジオ(LF)
└ C.クォールス(P)
C.ベルトラン(CF)
└ J.レーン(LF)
J.バグウェル(1B)
L.バークマン(RF-CF)
J.ケント(2B)
M.エンズバーグ(3B)
L.ビスカイーノ(SS)
B.オースマス(C)
R.クレメンス(P)
└ O.パルメイロ(LF)
5
0
3
0
4
4
4
4
4
4
2
1
1
0
3
0
2
1
0
0
0
1
0
0
1
0
3
0
2
2
1
2
0
1
0
0
0
0
2
0
1
2
1
1
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
3
0
0
0
1
1
1
1
1
2
1
0
1
0
0
0
2
2
2
1
3
1
0
0
.200
.000
1.000
.000
.500
.500
.250
.500
.000
.250
.000
.000
  R.ファーカル(SS)
M.ジャイルズ(2B)
J.D.ドリュー(RF)
C.ジョーンズ(3B)
J.エストラーダ(C)
A.ラローチ(1B)
A.ジョーンズ(CF)
C.トーマス(LF)
J.ライト(P)
└ K.グリボスキー(P)
  D.ワイス(PH)
  J.クルーズJr(P)
  A.アルフォンセカ(P)
  J.フランコ(PH)
0
4
2
3
3
3
3
4
1
0
1
0
0
1
0
1
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
2
2
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
1
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
2
1
0
1
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
2
0
1
1
1
1
0
0
0
0
0
2
2
2
3
3
2
0
3
0
0
1
0
0
0
.000
.250
.000
.000
.000
.000
.667
.500
.000
.000
.000
.000
.000
.000

Houston IP H R ER BB K HR SeriesERA   Atlanta IP H R ER BB K HR SeriesERA
R.クレメンス(W,1-0)
C.クォールス
M.ギャロ
7.0
1.0
1.0
6
0
1
3
0
0
2
0
0
6
1
0
7
0
2
1
0
0
2.57
0.00
0.00
  J.ライト(L,0-1)
K.グリボスキー
J.クルーズJr
A.アルフォンセカ
C.リーツマ
4.1
0.2
2.0
1.0
1.0
8
2
2
0
1
6
1
1
0
1
6
1
1
0
1
0
0
1
0
0
6
1
4
0
1
3
0
0
0
1
12.46
13.50
4.50
0.00
9.00

クレメンスが、初回に満塁のピンチを迎えてしまうが、犠牲フライの1失点のみに抑える。3回には、オースマスのソロホーマーとバグウェルのヒット、バークマンの2ランも飛び出して4点をゲット。5回にもベルトランの2ランなどで3得点を追加。クレメンスは6四球と荒れてしまったが、ベテランらしく要所を締め、後続のピッチャーも好投して初戦勝利を手にした。
7回にカルロス・ベルトラン選手が死球を受けて、肋骨を痛めたため途中交代しているのが気がかり。
※MLB公式ページの記事で、本日活躍した2人のクレメンス(Clemens)とカルロス・ベルトラン(Calros)の事を、“キラーB’s”にちなんで“キラーC’s”と書いていました!

- DIVISION SERIES 2004 -

10月 7日:ヒューストン・アストロズ vs アトランタ・ブレーブス (ターナーフィールド)
     先発:[HOU] R.オズワルト(20勝10敗,防御率3.49) - [ATL] M.ハンプトン(13勝9敗,防御率4.28)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11   R H E WinStar
 Houston 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0   2 4 1  ☆
 Atlanta 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 2   4 14 0  ☆

【勝】 A.アルフォンセカ(1勝0敗)  【負】 D.ミセリ(0勝1敗)
【本塁打】 [HOU] J.バグウェル(1号)、R.チャベス(1号)
       [ATL] R.ファーカル(1号)
ターナーフィールド入場者数 : 40,075/50,091人

Houston AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG   Atlanta AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG
C.ビジオ(LF)
└ J.レーン(LF)
C.ベルトラン(CF)
J.バグウェル(1B)
L.バークマン(RF)
J.ケント(2B)
M.エンズバーグ(3B)
L.ビスカイーノ(SS)
└ B.リッジ(P)
  O.パルメイロ(PH)
  B.オースマス(C)
R.チャベス(C)
└ M.ラム(PH)
  D.ミセリ(P)
R.オズワルト(P)
└ E.ブラントレット(SS)
3
1
5
5
5
4
2
3
0
0
0
3
1
0
1
1
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
1
1
0
0
0
0
0
0
2
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
2
0
0
0
0
0
0
0
1
1
0
1
3
1
2
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
2
2
1
0
1
0
1
0
0
0
0
1
0
0
0
.125
.500
.375
.300
.300
.111
.333
.000
.000
.000
.250
.667
.000
.000
.000
.000
  R.ファーカル(SS)
M.ジャイルズ(2B)
J.D.ドリュー(RF)
C.ジョーンズ(3B)
J.エストラーダ(C)
└ W.ベテミット(PR)
  J.フランコ(1B)
A.ラローチ(1B)
└ N.グリーン(PR)
  E.ペレス(C)
A.ジョーンズ(CF)
C.トーマス(LF)
M.ハンプトン(P)
└ K.グリボスキー(P)
  D.ワイス(PH)
  J.スモルツ(P)
  A.アルフォンセカ(P)
  E.マレーロ(PH)
5
5
5
4
3
0
1
4
0
1
5
5
2
0
1
1
0
1
1
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
1
0
0
0
3
1
1
0
1
0
0
3
0
0
1
1
1
0
1
1
0
0
3
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
3
0
0
0
0
1
0
0
1
1
1
0
0
0
0
0
1
1
4
3
0
0
0
0
0
0
4
4
0
0
0
0
0
1
.500
.200
.125
.000
.286
.000
.000
.429
.000
.000
.375
.333
.500
.000
.500
1.000
.000
.000

Houston IP H R ER BB K HR SeriesERA   Atlanta IP H R ER BB K HR SeriesERA
R.オズワルト
B.リッジ
D.ミセリ(L,0-1)
6.1
2.2
1.2
8
4
2
1
1
2
1
1
2
1
1
0
4
3
1
0
0
1
1.42
3.38
10.80
  M.ハンプトン
K.グリボスキー
J.スモルツ
A.アルフォンセカ(W,1-0)
6.1
0.2
3.0
1.0
4
0
0
0
2
0
0
0
2
0
0
0
3
0
2
0
5
0
3
0
2
0
0
0
2.84
6.75
0.00
0.00

オズワルトが粘りのピッチングで相手打線を1得点に抑え、1点差だったため少し早めにクローザーのリッジを投入。しかし、リッジがラローチに長打で1得点許してしまい同点で延長戦に突入。延長戦に突入したためベテランのミセリを投入したが、延長11回ファーカルに逆転2ランホームランを打たれてしまい勝負が決した。これで勝敗は1対1のイーブンとなったが、次戦からはアストロズの本拠地での戦いとなる。

- DIVISION SERIES 2004 -

10月 9日:アトランタ・ブレーブス vs ヒューストン・アストロズ (ミニッツメイドパーク)
     先発:[HOU] B.バッキー(5勝3敗,防御率4.30) - [ATL] J.トムソン(14勝8敗,防御率3.72)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9   R H E WinStar
 Atlanta 0 0 0 2 0 0 0 3 0   9 13 1  ☆
 Houston 0 0 2 0 2 3 1 0 X   3 7 0  ☆☆

【勝】 B.バッキー(1勝0敗)  【負】 P.バード(0勝1敗)  【セーブ】 B.リッジ(1S)
【本塁打】 [HOU] C.ベルトラン(2号)
       [ATL] J.エストラーダ(1号)、A.ジョーンズ(2号)
ミニッツメイドパーク入場者数 : 43,547/40,950人

Atlanta AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG   Houston AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG
R.ファーカル(SS)
M.ジャイルズ(2B)
J.D.ドリュー(RF)
C.ジョーンズ(3B)
J.エストラーダ(C)
A.ラローチ(1B)
└ C.リーツマ(P)
  D.ワイス(PH-LF)
A.ジョーンズ(CF)
C.トーマス(LF)
└ J.クルーズJr(P)
J.トムソン(P)
└ P.バード(P)
  K.グリボスキー(P)
  A.アルフォンセカ(P)
  T.マーティン(P)
  J.フランコ(1B)
5
4
4
3
3
3
0
1
4
2
0
0
2
0
0
0
2
0
0
0
1
1
1
0
0
0
2
0
0
0
0
0
0
0
1
0
1
0
1
0
0
0
3
1
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
3
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
1
1
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
2
1
0
2
1
0
1
1
0
0
0
1
0
0
0
1
2
2
0
0
2
1
0
2
0
0
0
0
3
0
0
0
0
.385
.133
.167
.000
.300
.300
.000
.333
.500
.364
.000
.000
.500
.000
.000
.000
.000
  C.ビジオ(LF)
└ C.クォールス(P)
  M.ラム(PH)
  R.スプリンガー(P)
  E.ブラントレット(SS)
C.ベルトラン(CF)
J.バグウェル(1B)
L.バークマン(RF)
J.ケント(2B)
M.エンズバーグ(3B)
L.ビスカイーノ(SS)
└ B.リッジ(P)
B.オースマス(C)
B.バッキー(P)
└ O.パルメイロ(PH)
  J.レーン(LF)
3
0
0
0
0
5
4
3
3
4
4
0
3
1
1
1
1
0
0
0
0
2
1
2
1
0
0
0
1
0
0
0
1
0
0
0
0
2
1
2
1
2
0
0
1
0
1
0
0
0
1
0
0
2
0
1
1
3
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
1
2
2
1
1
0
1
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
1
0
1
0
1
0
0
0
1
0
0
0
0
1
2
2
3
2
4
0
3
1
0
0
.182
.000
.000
.000
.000
.385
.286
.385
.167
.400
.000
.000
.286
.000
.500
.333

Atlanta IP H R ER BB K HR SeriesERA   Houston IP H R ER BB K HR SeriesERA
J.トムソン
P.バード(L,0-1)
K.グリボスキー
A.アルフォンセカ
T.マーティン
C.リーツマ
J.クルーズ
0.1
4.1
0.1
0.2
0.0
1.1
1.0
1
7
0
1
2
0
0
0
4
0
2
1
1
0
0
4
0
2
1
1
0
1
3
0
1
1
1
2
0
3
0
0
0
1
0
0
1
0
0
0
0
0
0.00
8.31
5.40
6.75
---
7.71
3.00
  B.バッキー(W,1-0)
C.クォールス
R.スプリンガー
B.リッジ(S1)
6.0
1.0
1.0
1.0
5
1
2
0
2
0
3
0
2
0
3
0
2
0
1
0
5
1
2
2
1
0
1
0
3.00
0.00
27.00
2.45

本拠地に戻ってきたアストロズ。先発は、地元出身の若手ブランドン・バッキー投手。今季、先発9試合で5勝3敗のバッキーだが、後半の安定感は、すばらしいものがあった。そのバッキーが6回まで2失点で抑えると、継投策に繋げたが、スプリンガー投手が捕まってしまい、クローザーのブラッド・リッジの登場。最後の打者マーカス・ジャイルズ選手から三振を奪いゲームが終了すると、超満員のスタンドから大歓声が巻き起こった。

- DIVISION SERIES 2004 -

10月10日:アトランタ・ブレーブス vs ヒューストン・アストロズ (ミニッツメイドパーク)
     先発:[HOU] R.クレメンス(18勝4敗,防御率2.98) - [ATL] R.オーティス(15勝9敗,防御率4.13)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9   R H E WinStar
 Atlanta 0 2 0 0 0 3 0 0 1   6 10 0  ☆☆
 Houston 0 5 0 0 0 0 0 0 0   5 13 0  ☆☆

【勝】 J.スモルツ(1勝0敗)  【負】 R.スプリンガー(0勝1敗)
【本塁打】 [HOU] C.ビジオ(1号)
       [ATL] A.ラローチ(1号)
ミニッツメイドパーク入場者数 : 43,336/40,950人

Atlanta AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG   Houston AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG
R.ファーカル(SS)
J.D.ドリュー(RF)
M.ジャイルズ(2B)
C.ジョーンズ(3B)
J.エストラーダ(C)
└ N.グリーン(PR)
  J.スモルツ(P)
A.ジョーンズ(CF)
A.ラローチ(1B)
E.マレーロ(LF)
└ A.アルフォンセカ(P)
  M.ハンプトン(P)
  E.ペレス(C)
R.オーティス(P)
└ D.ワイス(PH)
  K.グリボスキー(P)
  C.トーマス(PH-LF)
4
4
5
4
3
0
0
4
3
3
0
0
1
1
1
0
2
1
0
0
2
1
0
0
1
1
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
0
2
1
0
0
3
1
1
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
1
3
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
1
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
2
2
2
0
1
0
0
0
1
1
0
0
1
1
0
0
1
0
0
3
2
1
0
0
1
2
2
0
0
0
1
2
0
0

.250
.250
.000
.500
.333
.000
.000
.750
.333
.333
.000
.000
.000
.000
.000
.000
.000
  C.ビジオ(LF)
└ M.ギャロ(P)
  D.ミセリ(P)
  B.リッジ(P)
  O.パルメイロ(PH)
  R.スプリンガー(P)
C.ベルトラン(CF)
J.バグウェル(1B)
└ A.エベレット(PR)
L.バークマン(RF)
J.ケント(2B)
M.エンズバーグ(3B)
L.ビスカイーノ(SS)
B.オースマス(C)
R.クレメンス(P)
└ C.クォールス(P)
  M.ラム(PH)
  J.レーン(LF)
4
0
0
0
1
0
4
4
0
5
5
4
4
2
1
0
1
1
1
0
0
0
0
0
1
0
0
0
1
0
1
1
0
0
0
0
3
0
0
0
0
0
1
2
0
2
1
1
1
1
0
0
0
1
3
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
0
0
0
0
0
2
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
2
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
2
0
3
2
0
3
4
1
1
1
2
0
1
0
.750
.000
.000
.000
.000
.000
.250
.500
.000
.400
.200
.250
.250
.500
.000
.000
.000
1.000

Atlanta IP H R ER BB K HR SeriesERA   Houston IP H R ER BB K HR SeriesERA
R.オーティス
K.グリボスキー
A.アルフォンセカ
M.ハンプトン
J.スモルツ(W,1-0)
3.0
2.0
1.0
1.0
2.0
7
1
1
0
4
5
0
0
0
0
5
0
0
0
0
1
1
1
1
0
1
1
0
1
1
1
0
0
0
0
15.00
0.00
0.00
0.00
0.00
  R.クレメンス
C.クォールス
M.ギャロ
D.ミセリ
B.リッジ
R.スプリンガー(L,0-1)
5.0
1.0
0.2
0.2
0.2
1.0
6
3
0
0
0
1
2
3
0
0
0
1
2
3
0
0
0
1
2
0
0
1
0
0
5
1
2
0
1
3
0
1
0
0
0
0
3.60
27.00
0.00
0.00
0.00
9.00

勝利への王手がかかった本拠地での第2戦。先発は中3日の豪腕クレメンス。当日に向けて調子を整え、「腕がちぎれても投げる」と発言し、2点に抑えた2回の攻撃に、クレメンスがセンターへのフライでケントを返して1得点の後、大のビジオコールが巻き起こり、みごとビジオが3ランホームランと5点を奪い3点差と展開を有利にした。しかし、6回に交代したクォールスが、ラローチ選手に3ランホームランを打たれてしまい振り出しに戻してしまう。8回からクローザーのリッジが投げるが、その裏オースマスが安打を放ちチャンスと見るや、リッジの所で代打パルメイロを送るが凡打で無得点に終わった。そして9回にスプリンガー投手を投入し2連続三振の後、ファーカル選手にヒットを浴びると、J.D.ドリュー選手に打たれてしまい逆転を許してしまい、9回裏は、バグウェルがヒットを放ち、復帰したエバレットを代走に出して、バークマンが安打でエバレットが3塁と絶好のチャンスを向かえるが、チャンスに強いケントがダブルプレイに仕留められてチャンスをものに出来なかった。
中3日で登板したクレメンスは、「4回を終わったところで代えられると思った。5回まで投げさせてくれるようにお願いをした。」とコメントを残した。

- DIVISION SERIES 2004 -

10月11日:ヒューストン・アストロズ vs アトランタ・ブレーブス (ターナーフィールド)
     先発:[HOU] R.オズワルト(20勝10敗,防御率3.49) - [ATL] J.ライト(15勝8敗,防御率3.28)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9   R H E WinStar
 Houston 0 2 1 0 0 1 5 3 0   12 17 1  ☆☆☆
 Atlanta 0 0 0 0 2 0 1 0 0   3 9 1  ☆☆

【勝】 R.オズワルト(1勝0敗)  【負】 J.ライト(0勝2敗)
【本塁打】 [HOU] C.ベルトラン(3,4号)、J.バグウェル(2号)
       [ATL] R.ファーカル(2号)、J.エストラーダ(2号)
ターナーフィールド入場者数 : 54,068/50,091人

Houston AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG   Atlanta AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG
C.ビジオ(LF)
└ D.ミセリ(P)
  D.ウィーラー(P)
C.ベルトラン(CF)
J.バグウェル(1B)
L.バークマン(RF)
J.ケント(2B)
M.エンズバーグ(3B)
L.ビスカイーノ(SS)
R.チャベス(C)
└ O.パルメイロ(PH)
  B.オースマス(C)
R.オズワルト(P)
└ C.クォールス(P)
  M.ラム(PH)
  M.ギャロ(P)
  C.ハービル(P)
  J.レーン(PH-LF)
5
0
0
5
4
4
5
5
4
2
1
0
2
0
1
0
0
1
2
0
0
3
1
2
1
1
1
0
0
0
0
0
0
0
0
1
3
0
0
4
1
2
2
2
1
1
0
0
0
0
0
0
0
1
1
0
0
5
2
0
1
1
1
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
1
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
1
1
2
1
1
1
0
1
0
1
0
1
0
0
0
.400
.000
.000
.455
.318
.409
.227
.368
.105
.600
.250
.333
.000
.000
.000
.000
.000
.600
  R.ファーカル(SS)
J.D.ドリュー(RF)
C.ジョーンズ(3B)
J.エストラーダ(C)
└ P.バード(P)
A.ジョーンズ(CF)
A.ラローチ(1B)
M.ジャイルズ(2B)
C.トーマス(LF)
J.ライト(P)
└ K.グリボスキー(P)
  D.ワイス(PH)
  C.リーツマ(P)
  T.マーティン(P)
  J.クルーズJr(P)
  E.ペレス(C)

4
4
5
4
0
3
4
4
3
2
0
1
0
0
0
1
2
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
2
1
2
2
0
1
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
2
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
0
0
0
1
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
2
1
0
1
0
0
0
0
0
2
3
3
0
2
2
1
1
2
0
0
0
0
0
0
.381
.200
.200
.353
.500
.526
.235
.125
.250
.000
.000
.200
.000
.000
.000
.000

Houston IP H R ER BB K HR SeriesERA   Atlanta IP H R ER BB K HR SeriesERA
R.オズワルト(W,1-0)
C.クォールス
M.ギャロ
C.ハービル
D.ミセリ
D.ウィーラー
5.0
1.0
0.1
0.2
1.0
1.0
7
0
2
0
0
0
2
0
1
0
0
0
2
0
1
0
0
0
3
0
1
0
0
0
4
1
0
0
1
0
2
0
0
0
0
0
2.38
6.75
4.50
0.00
5.40
0.00
  J.ライト(L,0-2)
K.グリボスキー
C.リーツマ
T.マーティン
J.クルーズJr
P.バード
5.1
0.2
0.2
0.1
0.2
1.1
6
0
4
2
4
1
4
0
4
1
3
0
4
0
4
1
3
0
1
0
0
0
1
0
1
1
0
0
0
0
2
0
1
0
0
0
9.31
2.08
18.00
54.00
9.82
6.35

2対2のイーブンと、もつれた対決の最終戦がついに始まった。ターナーフィールドはアストロズのファンも含めて超満員で、アストロズは、純正エースのロイ・オズワルト。対するブレーブスは、元巨人のクライド・ライト氏の息子で第1戦目に先発登板したジャレット・ライトで始まった。序盤は、エンスバーグのヒットやベルトランのソロホーマーでリードし、5回にオズワルトが2点を失ってしまうが、得点リードで後続に託した。緊張の走る1点差で6回に再びベルトランのソロホーマーが飛び出して、運命の7回には、バグウェルの2ランなどで5点をゲット。8回にも好調のベルトランが絡んで、だめ押しの3点を追加し細かい継投策で守りきり勝利を手にした。


- DIVISION SERIES 2004 -

アストロズは見事ブレーブスに勝利して、リーグチャンピオンシップに挑戦する。
今年は、各リーグとも同地区同士(地区1位vsワイルドカード)という組み合わせとなった。アメリカンリーグのヤンキースvsレッドソックスは伝統の試合になり、ナショナルリーグは今季最強と言われているカージナルスに、終盤怒濤の勢いで勝利をもぎ取ってきたアストロズの対決となる。



【 NATIONAL LEAGUE WIN 】
地区 TEAM 勝敗 勝率
中地区
東地区
西地区
西地区(WC)
STL
ATL
LA
HOU
105-57
96-66
93-69
92-70
.648
.593
.573
.568

【 AMERICAN LEAGUE WIN 】
地区 TEAM 勝敗 勝率
東地区
西地区
中地区
東地区(WC)
NYY
ANA
MIN
BOS
101-61
92-70
92-70
98-64
.623
.568
.568
.605


 ▼アストロズのココを注目!

 @なんと言っても“キラーB’s”!
  ビジオ(Biggio)のB
  バグウェル(Bagwell)のB
  バークマン(Berkman)のB
  以上Bの付く名前を言うのだが、今季は
  途中加入のベルトラン(Beltran)もBと、
  強烈な4人の打者が迎え撃つ。

 A侮れない投手陣!
  今季ナ・リーグで、20勝で最多勝利の
  オズワルトや、18勝をあげたベテランの
  クレメンスが先発を行い、先発が投げた
  後は、細かい継投策と高い奪三振率を
  誇るクローザーのリッジが相手を抑える。


【ディビジョンシリーズ結果】
ヤンキース -1 ツインズ
 GAME 1 : NYY 0 - 2 MIN
 GAME 2 : NYY 7 - 6 MIN
 GAME 3 : NYY 8 - 4 MIN
 GAME 4 : NYY 6 - 5 MIN
エンゼルス 0- レッドソックス
 GAME 1 : ANA 3 - 9 BOS
 GAME 2 : ANA 3 - 8 BOS
 GAME 3 : ANA 6 - 8 BOS
カージナルス -1 ドジャース
 GAME 1 : STL 8 - 3 LA
 GAME 2 : STL 8 - 3 LA
 GAME 3 : STL 0 - 4 LA
 GAME 4 : STL 6 - 2 LA
ブレーブス 2- アストロズ
 GAME 1 : ATL 3 - 9 HOU
 GAME 2 : ATL 4 - 2 HOU
 GAME 3 : ATL 5 - 8 HOU
 GAME 4 : ATL 6 - 5 HOU
 GAME 5 : ATL 3 - 12 HOU







このページはメジャーリーグ「ヒューストン=アストロズ」を応援するサイトです。
TOPページへ戻る
間違いや意見などございましたらコチラまでお知らせください。情報提供もお待ちしています。
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO