HOUSTON ASTROS FAN PAGE
 ◆リーグチャンピオンシップ2004 ◆Official Page : http://www.astros.com

 地区シリーズでは、アトランタ・ブレーブスに勝ち、リーグチャンピオンシップに進出を果たした。


創立以来43年目にして、初のリーグチャンピオンシップに進出したアストロズ。
対するは、今季最高勝率でダントツの強さを見せたセントルイス・カージナルス。もちろん、田口壮選手も居る。
同地区である今季のカージナルスとの対戦は、ホームで4勝5敗、ビジターで6勝3敗と、なんと合計10勝8敗の戦績。中3日で投げたクレメンスとオズワルトが心配されるが、気合いで戦いに挑む。

- LEAGUE CHAMPIONSHIP SERIES 2004 -

【リーグチャンピオンシップ試合結果】

10月13日:ヒューストン・アストロズ vs セントルイス・カージナルス (ブッシュスタジアム)

     先発:[HOU] B.バッキー(5勝3敗,防御率4.30) - [STL] W.ウィリアムス(11勝8敗,防御率4.18)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9   R H E WinStar
 Houston 2 0 0 2 0 0 0 2 1   7 10 1  
 St.Louis 2 0 0 0 2 6 0 0 X   10 12 0  ☆

【勝】 W.ウィリアムス(1勝0敗)  【負】 B.バッキー(0勝1敗)  【セーブ】 J.イズリングハウゼン(1S)
【本塁打】 [HOU] C.ベルトラン(5号)、J.ケント(1号)、L.バークマン(2号)、M.ラム(1号)
       [STL] A.プ−ホ−ルス(3号)
ブッシュスタジアム入場者数 : 52,323/50,354人

Houston AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG   St.Louis AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG
C.ビジオ(LF)
C.ベルトラン(CF)
J.バグウェル(1B)
L.バークマン(RF-CF)
J.ケント(2B)
└ A.エベレット(SS)
M.エンズバーグ(3B)
L.ビスカイーノ(SS-2B)
B.オースマス(C)
B.バッキー(P)
└ C.クォールス(P)
  C.ハービル(P)
  O.パルメイロ(LF)
  D.ウィーラー(P)
  M.ラム(PH)
5
5
3
4
4
0
4
4
4
2
0
0
1
0
1
1
2
0
2
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
2
2
0
1
1
0
0
2
0
0
0
0
1
0
1
0
2
0
2
2
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
2
1
1
0
0
0
2
1
0
0
0
0
0
2
1
1
1
0
0
0
0
2
0
0
0
0
0
0
.400
.400
.000
.250
.250
.000
.000
.500
.000
.000
.000
.000
1.000
.000
1.000
  T.ウォマック(2B)
L.ウォーカー(RF)
A.プーホールス(RF)
S.ローレン(3B)
J.エドモンズ(CF)
E.レンテリア(SS)
R.サンダース(LF)
M.マシーニー(C)
W.ウィリアムス(P)
└ R.セデーニョ(PH)
  K.カレロ(P)
  M.アンダーソン(PH)
  D.ハレン(P)
  R.キング(P)
  J.タバレス(P)
  J.イズリングハウゼン(P)
5
5
3
4
3
3
4
3
2
1
0
1
0
0
0
0
1
3
2
1
0
1
1
0
1
0
0
0
0
0
0
0
1
3
2
1
2
1
1
0
1
0
0
0
0
0
0
0
1
1
2
1
3
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
2
1
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
1
2
1
1
2
2
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
2
2
2
0
0
0
0
0
0
0
0
0
.200
.600
.667
.250
.667
.333
.250
.000
.500
.000
.000
.000
.000
.000
.000
.000

Houston IP H R ER BB K HR SeriesERA   St.Louis IP H R ER BB K HR SeriesERA
B.バッキー
C.クォールス(L,0-1)
C.ハービル
D.ウィーラー
4.2
1.0
0.1
2.0
5
5
1
1
4
5
1
0
4
5
1
0
2
1
1
0
6
1
0
4
1
0
0
0
7.71
45.00
27.00
0.00
  W.ウィリアムス(W,1-0)
K.カレロ
D.ハレン
R.キング
J.タバレス
J.イズリングハウゼン(S,1)
6.0
1.0
0.1
0.1
1.0
0.1
4
2
1
1
2
0
4
0
1
1
1
0
4
0
1
1
1
0
1
0
0
0
0
0
5
2
1
0
1
0
2
0
0
1
1
0
6.00
0.00
27.00
27.00
9.00
0.00

初戦の先発アストロズは、中3日だが調子の良いブランドン・バッキーを指名。初回にベルトランの2ランで先制したが、裏にプーホールスの2ランで同点とされる。4回にはケントの2ランで再びリードするが、5回にバッキーがウォーカーのバットを折るもポテンヒットとなり1点、そしてプーホールスを歩かせた所でクォールスに交代した。そして、当たりの無かったローレンにヒットを打たれ同点とされてしまう。さらに6回に運の悪いヒットが連発しクォールス降板、変わったハービルもコントロールが安定せず痛い6失点。終盤バークマンの2ランと9回に代打のラムが気合いのホームランで3点差にするが、カージナルスがクローザーのイズリングハウゼンを投入し試合が終了した。

- LEAGUE CHAMPIONSHIP SERIES 2004 -

10月14日:ヒューストン・アストロズ vs セントルイス・カージナルス (ブッシュスタジアム)
     先発:[HOU] P.マンロー(4勝7敗,防御率5.15) - [STL] M.モリス(15勝10敗,防御率4.72)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9   R H E WinStar
 Houston 1 0 0 1 1 0 1 0 0   4 10 1  
 St.Louis 0 0 0 0 4 0 0 2 X   6 9 0  ☆☆

【勝】 J.タバレス(1勝0敗)  【負】 D.ミセリ(0勝1敗)  【セーブ】 J.イズリングハウゼン(2S)
【本塁打】 [HOU] C.ベルトラン(6号)、M.エンズバーグ(1号)
       [STL] L.ウォーカー(3号)、S.ローレン(1,2号)、A.プーホールス(4号)
ブッシュスタジアム入場者数 : 52,347/50,354人

Houston AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG   St.Louis AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG
C.ビジオ(LF)
└ D.ミセリ(P)
C.ベルトラン(CF)
J.バグウェル(1B)
L.バークマン(RF-CF)
J.ケント(2B)
└ A.エベレット(PR)
M.エンズバーグ(3B)
L.ビスカイーノ(SS-2B)
B.オースマス(C)
P.マンロー(P)
└ C.ハービル(P)
  E.ブラントレット(PH)
  D.ウィーラー(P)
  O.パルメイロ(PH-LF)
5
0
2
3
5
4
0
5
4
3
1
0
1
0
1
1
0
1
0
1
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
1
0
1
0
2
1
0
2
2
1
0
0
0
0
0
0
0
1
0
1
0
0
2
0
0
0
0
0
0
0
0
0
3
2
0
1
0
0
0
1
1
0
0
0
0
1
0
1
1
0
1
0
1
0
1
0
0
0
0
0
5
0
1
4
3
5
0
5
1
0
0
0
2
0
0
.300
.000
.429
.000
.333
.250
.000
.222
.500
.143
.000
.000
.000
.000
.500
  T.ウォマック(2B)
L.ウォーカー(RF)
A.プーホールス(RF)
S.ローレン(3B)
J.エドモンズ(CF)
E.レンテリア(SS)
R.サンダース(LF)
└ J.イズリングハウゼン(P)
M.マシーニー(C)
M.モリス(P)
└ M.アンダーソン(PH)
  S.クライン(P)
  K.カレロ(P)
  R.セデーニョ(PH)
  J.タバレス(P)
  S.タグチ(LF)
4
4
4
4
4
4
4
0
3
0
0
0
0
1
0
0
1
1
2
2
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
3
2
1
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
2
1
3
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
2
0
1
1
0
0
0
2
0
0
0
0
1
0
0
1
2
1
2
0
2
2
0
0
0
0
0
0
0
0
0
.222
.444
.714
.375
.429
.143
.125
.000
.167
.000
.000
.000
.000
.000
.000
.000

Houston IP H R ER BB K HR SeriesERA   St.Louis IP H R ER BB K HR SeriesERA
P.マンロー
C.ハービル
D.ウィーラー
D.ミセリ(L,0-1)
4.2
0.1
2.0
1.0
6
1
0
2
3
1
0
2
3
1
0
2
1
0
0
0
4
1
2
0
1
1
0
2
5.79
27.00
0.00
18.00
  M.モリス
S.クライン
K.カレロ
J.タバレス(W,1-0)
J.イズリングハウゼン(S,2)
5.0
0.0
2.0
1.0
1.0
6
2
2
0
0
3
0
1
0
0
3
0
1
0
0
5
0
1
0
2
5
0
1
0
0
2
0
0
0
0
5.40
---
3.00
4.50
0.00

今日の試合も、ベルトランのホームランで先取点。その後も順調に点を重ねるが、中継ぎ陣が打たれ逆転負け。最後は相手クローザーのイズリングハウゼンからベルトランとケントが四球を選びチャンスを作るが、本日本塁打を打っているエンズバーグの打った球が、おしくもライトフライでゲームセットとなった。

- LEAGUE CHAMPIONSHIP SERIES 2004 -

10月16日:セントルイス・カージナルス vs ヒューストン・アストロズ (ミニッツメイドパーク)
     先発:[STL] J.スーパン(16勝9敗,防御率4.16) - [HOU] R.クレメンス(18勝4敗,防御率2.98)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9   R H E WinStar
 St.Louis 1 1 0 0 0 0 0 0 0   2 5 0  ☆
 Houston 3 0 0 0 0 0 0 2 X   5 8 0  ☆☆

【勝】 R.クレメンス(1勝0敗)  【負】 J.スーパン(0勝1敗)  【セーブ】 B.リッジ(1S)
【本塁打】 [HOU] J.ケント(2号)、C.ベルトラン(7号)、L.バークマン(3号)
       [STL] L.ウォーカー(4号)、J.エドモンズ(2号)
ミニッツメイドパーク入場者数 : 42,896/40,950人

St.Louis AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG   Houston AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG
T.ウォマック(2B)
L.ウォーカー(RF)
A.プーホールス(RF)
S.ローレン(3B)
J.エドモンズ(CF)
E.レンテリア(SS)
R.サンダース(LF)
M.マシーニー(C)
└ M.アンダーソン(PH)
J.スーパン(P)
└ R.セデーニョ(PH)
  D.ハレン(P)
  R.キング(P)
  C.エルドレッド(P)
  J.メイブリー(PH)
4
4
4
3
3
4
3
3
0
2
1
0
0
0
1
0
1
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
1
1
0
0
1
0
0
00
0
0
0
0
0
1
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
1
1
1
2
2
1
0
0
1
0
0
0
1
0
0
0
1
2
3
1
2
0
1
0
0
0
0
2
.000
.250
.250
.333
.333
.000
.000
.333
.000
.000
.000
.000
.000
.000
.000
  C.ビジオ(LF)
└ B.リッジ(P)
C.ベルトラン(CF)
J.バグウェル(1B)
L.バークマン(RF)
J.ケント(2B)
└ E.ブラントレット(SS)
M.エンズバーグ(3B)
L.ビスカイーノ(SS-2B)
B.オースマス(C)
R.クレメンス(P)
└ O.パルメイロ(PH-LF)
4
0
3
4
4
3
0
3
4
3
2
1
0
0
2
0
2
1
0
0
0
0
0
0
1
0
2
1
2
1
0
0
0
0
0
1
0
0
1
0
2
2
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
1
0
1
0
0
0
0
1
0
1
0
0
1
0
0
0
1
1
0
1
0
0
1
2
0
0
3
1
0
0
0
.250
.000
.667
.250
.500
.333
.000
.000
.000
.000
.000
1.000

St.Louis IP H R ER BB K HR SeriesERA   Houston IP H R ER BB K HR SeriesERA
J.スーパン(L,0-1)
D.ハレン
R.キング
C.エルドレッド
6.0
1.1
0.1
0.1
5
2
1
0
3
1
1
0
3
1
1
0
2
0
0
1
3
1
1
0
1
1
1
0
4.50
6.75
27.00
0.00
  R.クレメンス(W,1-0)
B.リッジ(S,1)

7.0
2.0
4
1
2
0
2
0
2
1
7
5
2
0
2.57
0.00

ホームへ戻ったアストロズは、満を持してクレメンスを先発に送る。初回と2回に本塁打を浴びてしまうが、回を重ねるごとに安定が増す。報道では、クレメンスに強いセデーニョをサンダースに変わって先発に使うとあったが結局変更されず、代打で登場したセデーニョもクレメンスに三振で仕留められてしまう。試合は終盤8回にベルトランのホームランの後、1戦目と同じくキング対バークマンとなり、またもやバークマンがホームランを放つ。最後は、クレメンスから継投したクローザーのリッジがきっちり抑えて大事な1勝をゲットした。

- LEAGUE CHAMPIONSHIP SERIES 2004 -

10月17日:セントルイス・カージナルス vs ヒューストン・アストロズ (ミニッツメイドパーク)
     先発:[STL] J.マーキス(15勝7敗,防御率3.71) - [HOU] R.オズウォルト(20勝10敗,防御率3.49)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9   R H E WinStar
 St.Louis 3 0 1 1 0 0 0 0 0   5 9 0  ☆☆
 Houston 1 0 2 0 0 2 1 0 X   6 9 0  ☆☆

【勝】 D.ウィーラー(1勝0敗)  【負】 J.タバレス(0勝1敗)  【セーブ】 B.リッジ(2S)
【本塁打】 [HOU] L.バークマン(4号)、C.ベルトラン(8号)
       [STL] A.プーホールス(5号)
ミニッツメイドパーク入場者数 : 42,760/40,950人

St.Louis AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG   Houston AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG
T.ウォマック(2B)
L.ウォーカー(RF)
A.プーホールス(RF)
S.ローレン(3B)
J.エドモンズ(CF)
E.レンテリア(SS)
└ J.タバレス(P)
  M.マシーニー(C)
J.メイブリー(LF)
└ K.カレロ(P)
  R.キング(P)
  H.ルナ(SS)
Y.モリーナ(C)
└ J.イズリングハウゼン(P)
J.マーキス(P)
└ S.タグチ(LF)
  R.セデーニョ(PH-LF)

4
3
4
5
3
3
0
0
3
0
0
1
4
0
2
0
1
1
1
2
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
3
2
0
0
0
0
1
0
0
0
1
0
1
1
1
0
0
3
0
1
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
1
2
1
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
2
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
1
1
4
2
2
0
0
1
0
0
0
2
0
0
0
0
.118
.375
.600
.375
.308
.071
.000
.222
.250
.000
.000
.000
.250
.000
.500
.000
.000
  C.ビジオ(LF)
└ J.レーン(LF)
C.ベルトラン(CF)
J.バグウェル(1B)
L.バークマン(RF)
J.ケント(2B)
└ B.リッジ(P)
M.エンズバーグ(3B)
L.ビスカイーノ(SS-2B)
R.チャベス(C)
└ B.オースマス(C)
R.オズウォルト(P)
└ O.パルメイロ(PH)
  D.ウィーラー(P)
  E.ブラントレット(SS)
4
0
3
3
2
3
0
4
4
3
1
2
1
0
1
0
0
3
1
1
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
1
0
2
2
2
0
0
0
1
1
0
0
0
0
0
0
0
1
1
3
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
1
1
2
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
0
2
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
0
3
0
6
0
0
0
0
1
0
0
.278
.000
.538
.231
.467
.214
.000
.125
.312
.333
.091
.000
.500
.000
.000

St.Louis IP H R ER BB K HR SeriesERA   Houston IP H R ER BB K HR SeriesERA
J.マーキス
K.カレロ
R.キング
J.タバレス(L,0-1)
J.イズリングハウゼン
4.0
1.2
0.1
1.0
1.0
5
3
0
1
0
3
2
0
1
0
3
2
0
1
0
2
0
0
2
0
2
3
0
0
0
0
1
0
1
0
6.75
5.79
18.00
6.00
0.00
  R.オズウォルト
D.ウィーラー(W,1-0)
B.リッジ(S,2)
6.0
1.0
2.0
8
1
0
5
0
0
5
0
0
4
0
1
0
1
2
1
0
0
7.50
0.00
0.00

ホーム2戦目は、20勝投手のオズウォルトが先発。調子が良くなかったが、6回にバークマンのホームランとオズウォルトの相方チャベスのヒットで同点とし、7回にはベルトランが5試合連続となる8号ホームランで勝ち越し。ポストシーズンで5試合連続は新記録で、8本の本塁打はバリー・ボンズの持つ最多本塁打と同数の記録となった。そして、8回からは、昨日に引き続きクローザーのブラッド・リッジを投入して無失点に抑え、勝敗を2対2のタイとした。

- LEAGUE CHAMPIONSHIP SERIES 2004 -

10月18日:セントルイス・カージナルス vs ヒューストン・アストロズ (ミニッツメイドパーク)
     先発:[STL] W.ウィリアムス(11勝8敗,防御率4.18) - [HOU] B.バッキー(5勝3敗,防御率4.30)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9   R H E WinStar
 St.Louis 0 0 0 0 0 0 0 0 0   0 1 0  ☆☆
 Houston 0 0 0 0 0 0 0 0 3   3 3 0  ☆☆☆

【勝】 B.リッジ(1勝0敗)  【負】 J.イズリングハウゼン(0勝1敗)
【本塁打】 [HOU] J.ケント(3号)

ミニッツメイドパーク入場者数 : 43,045/40,950人

St.Louis AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG   Houston AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG
T.ウォマック(2B)
L.ウォーカー(RF)
A.プーホールス(RF)
S.ローレン(3B)
J.エドモンズ(CF)
E.レンテリア(SS)
R.サンダース(LF)
M.マシーニー(C)
W.ウィリアムス(P)
└ J.メイブリー(PH)
  J.イズリングハウゼン(P)
4
3
4
3
2
3
3
3
2
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
2
1
1
0
1
0
0
0
1
0
0
0
2
0
0
1
1
0
0
0
0
.143
.316
.474
.316
.267
.059
.071
.167
.250
.200
.000
  C.ビジオ(LF)
└ B.リッジ(P)
C.ベルトラン(CF)
J.バグウェル(1B)
L.バークマン(RF)
J.ケント(2B)
M.エンズバーグ(3B)
L.ビスカイーノ(SS)
B.オースマス(C)
B.バッキー(P)
└ O.パルメイロ(PH-LF)

4
0
4
4
2
4
2
3
2
2
1
0
0
1
0
1
1
0
0
0
0
0
0
0
1
1
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
3
0
0
0
0
0
0
0
0
0
2
0
0
0
1
0
0
0
0
0
1
0
0
1
1
1
1
0
1
0
1
1
1
1
0
2
0
1
0
.227
.000
.471
.235
.412
.222
.111
.263
.077
.000
.400

St.Louis IP H R ER BB K HR SeriesERA   Houston IP H R ER BB K HR SeriesERA
W.ウィリアムス
J.イズリングハウゼン(L,0-1)
7.0
1.1
1
2
0
3
0
3
2
1
4
1
0
1
2.77
7.36
  B.バッキー
B.リッジ(W,1-0)
8.0
1.0
1
0
0
0
0
0
2
0
4
2
0
0
2.84
0.00

バッキーとウッディの両先発共に好投の試合となった。2人とも安打を1のみに抑えて、終盤両チームクローザーの出番となり、9回表のリッジは2奪三振と抑え、裏にナ・リーグのセーブ王であるイズリングハウゼンが登場しキラーB’sと対戦。そして、ベルトランがヒットを放った後盗塁を決め、好調のバークマンが敬遠され、ケントが初球をレフトフェンスに叩き込んで勝利をものにした。

- LEAGUE CHAMPIONSHIP SERIES 2004 -

10月20日:ヒューストン・アストロズ vs セントルイス・カージナルス (ブッシュスタジアム)
     先発:[HOU] P.マンロー(4勝7敗,防御率5.15) - [STL] M.モリス(15勝10敗,防御率4.72)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12   R H E WinStar
 Houston 1 0 1 1 0 0 0 0 1 0 0 0   4 10 0  ☆☆☆
 St.Louis 2 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2   6 15 0  ☆☆☆

【勝】 J.タバレス(2勝1敗)  【負】 D.ミセリ(0勝2敗)
【本塁打】 [HOU] M.ラム(2号)
       [STL] A.プーホールス(6号)、J.エドモンズ(3号)
ブッシュスタジアム入場者数 : 52,144/50,354人

Houston AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG   St.Louis AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG
C.ビジオ(LF)
C.ベルトラン(CF)
J.バグウェル(1B)
L.バークマン(RF)
└ B.リッジ(P)
  B.バッキー(PH)
  D.ミセリ(P)
J.ケント(2B)
M.ラム(3B)
L.ビスカイーノ(SS)
B.オースマス(C)
└ M.エンズバーグ(PH)
  J.レーン(RF)
P.マンロー(P)
└ C.ハービル(P)
  A.エベレット(PH)
  C.クォールス(P)
  O.パルメイロ(PH)
  D.ウィーラー(P)
  E.ブラントレット(PH)
  R.チャベス(C)
6
4
6
3
0
1
0
5
4
5
3
0
1
1
0
1
0
1
0
0
1
0
2
0
0
0
0
0
0
1
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
2
3
0
0
0
0
2
1
1
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
2
1
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
2
0
1
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
1
0
0
1
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
2
0
1
3
0
0
0
3
2
2
2
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
.000
.500
.500
.000
.000
.000
.000
.400
.250
.200
.333
.000
.000
.000
.000
.000
.000
.000
.000
.000
.000
  T.ウォマック(2B)
└ H.ルナ(2B)
  M.アンダーソン(PH-2B)
L.ウォーカー(RF)
A.プーホールス(RF)
S.ローレン(3B)
J.エドモンズ(CF)
E.レンテリア(SS)
R.サンダース(LF)
└ J.イズリングハウゼン(P)
  R.セデーニョ(PH)
  J.タバレス(P)
M.マシーニー(C)
M.モリス(P)
└ J.メイブリー(PH)
  R.キング(P)
  K.カレロ(P)
  S.タグチ(LF)
2
3
1
6
5
6
6
5
4
0
1
0
4
2
1
0
0
2
1
0
0
0
3
1
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
2
0
0
0
3
2
2
3
3
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
2
0
2
2
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
1
0
2
0
2
2
1
0
0
0
0
2
1
1
0
0
1
0
0
0
1
0
1
0
0
2
0
0
0
4
2
2
0
0
0
1.000
.000
.000
.000
.600
.333
.333
.600
.750
.000
.000
.000
.000
.000
.000
.000
.000
.000

Houston IP H R ER BB K HR SeriesERA   St.Louis IP H R ER BB K HR SeriesERA
P.マンロー
C.ハービル
C.クォールス
D.ウィーラー
B.リッジ
D.ミセリ(L,0-2)
2.1
0.2
3.0
2.0
3.0
0.1
8
1
3
2
0
1
4
0
0
0
0
2
4
0
0
0
0
2
0
0
1
0
0
1
1
2
3
2
5
0
1
0
0
0
0
1
15.43
0.00
0.00
0.00
0.00
54.00
  M.モリス
R.キング
K.カレロ
J.イズリングハウゼン
J.タバレス(W,2-1)
5.0
0.2
1.1
3.0
2.0
5
2
1
2
1
3
0
0
1
0
3
0
0
1
0
3
0
0
1
0
1
0
0
2
2
1
0
0
0
0
5.40
0.00
0.00
3.00
0.00

アト1勝となった試合でクレメンスをムリに中3日で登板させず、前回なかなかの内容だったマンローを予定通り先発で起用した。しかし、マンローが強力打線に捕まってしまい3回に降板。以降両チームとも均衡を破れず、9回にエンズバーグが死球で出塁するとベルトランは敬遠、カージナルスはバグウェル勝負をするがイズリングハウゼンの初球を打ち、レフトの田口選手の手前に落ちて同点となる。チャンスが続くが、バークマンは三振に取られてしまう。延長にも点が取れずリッジが3回を投げたので、セットアッパーのミセリに交代したが、先頭のプーホールスを四球、ローレンはキャッチャーフライに抑えたが、エドモンズに投げた高めのストレートがホームランとなりカージナルスが延長戦を制した。

- LEAGUE CHAMPIONSHIP SERIES 2004 -

10月21日:ヒューストン・アストロズ vs セントルイス・カージナルス (ブッシュスタジアム)
     先発:[HOU] R.クレメンス(18勝4敗,防御率2.98) - [STL] J.スーパン(16勝9敗,防御率4.16)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9   R H E WinStar
 Houston 1 0 1 0 0 0 0 0 0   2 3 0  ☆☆☆
 St.Louis 0 0 1 0 0 3 0 1 X   5 9 1  ☆☆☆☆

【勝】 J.スーパン(1勝1敗)  【負】 R.クレメンス(1勝1敗)  【セーブ】 J.イズリングハウゼン(3S)
【本塁打】 [HOU] C.ビジオ(2号)
       [STL] S.ローレン(3号)
ブッシュスタジアム入場者数 : 52,140/50,354人

Houston AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG   St.Louis AB R H RBI BB K LOB SeriesAVG
C.ビジオ(LF)
└ R.オズウォルト(P)
C.ベルトラン(CF)
J.バグウェル(1B)
L.バークマン(RF)
J.ケント(2B)
M.エンズバーグ(3B)
L.ビスカイーノ(SS)
B.オースマス(C)
R.クレメンス(P)
└ O.パルメイロ(PH-LF)
4
0
3
4
4
2
4
4
3
2
0
1
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
1
1
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
1
0
0
0
0
0
1
0
0
0
2
0
0
0
2
2
0
1
0
0
0
0
0
1
1
4
4
0
.188
.000
.417
.259
.292
.240
.136
.250
.105
.000
.333
  E.レンテリア(SS)
L.ウォーカー(RF)
A.プーホールス(RF)
S.ローレン(3B)
J.エドモンズ(CF)
R.サンダース(LF)
T.ウォマック(2B)
M.マシーニー(C)
J.スーパン(P)
└ R.セデーニョ(PH)
  K.カレロ(P)
  J.タバレス(P)
  M.アンダーソン(PH)
  J.イズリングハウゼン(P)
2
4
4
4
3
3
3
3
0
1
0
0
1
0
0
0
1
1
0
0
1
0
0
1
0
0
1
0
0
1
2
1
1
0
2
0
0
1
0
0
1
0
0
1
1
2
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
1
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
2
0
1
0
1
0
0
0
0
0
0
.167
.241
.500
.310
.292
.190
.269
.105
.000
.167
.000
.000
.333
.000

Houston IP H R ER BB K HR SeriesERA   St.Louis IP H R ER BB K HR SeriesERA
R.クレメンス(L,1-1)
R.オズウォルト
6.0
2.0
6
3
4
1
4
1
0
0
2
2
1
0
4.15
6.75
  J.スーパン(W,1-1)
K.カレロ
J.タバレス
J.イズリングハウゼン(S,3)
6.0
1.0
1.0
1.0
3
0
0
0
2
0
0
0
1
0
0
0
2
0
0
0
6
1
0
0
1
0
0
0
3.00
3.86
3.00
4.70

最終戦、万全のクレメンスで挑んだアストロズ。ビジオの先頭打者ホームランで先制する。3回にもバグウェルのヒットで1点を取ると、裏にカージナルスも1点を取る。そのままリードで向かえた6回にプーホールスのヒットとローレンの2ランホームランでクレメンスを攻略。7回からオズワルトの豪華リリーフで反撃を待つが、相手の投手陣を打ち崩せずに、カージナルスがリーグチャンピオンに輝いた。


- LEAGUE CHAMPIONSHIP SERIES 2004 -

中地区同士の戦いとなった2004年のリーグチャンピオンシップ。互いにホームのみの勝利となるめずらしい勝敗で、カージナルスが勝利を掴んだ。カージナルスは17年ぶりのリーグ制覇となり、3敗から4勝と大逆転を演じたレッドソックスと世界一を争う。




【ディビジョンシリーズ結果】
ヤンキース -1 ツインズ
 GAME 1 : NYY 0 - 2 MIN
 GAME 2 : NYY 7 - 6 MIN
 GAME 3 : NYY 8 - 4 MIN
 GAME 4 : NYY 6 - 5 MIN
エンゼルス 0- レッドソックス
 GAME 1 : ANA 3 - 9 BOS
 GAME 2 : ANA 3 - 8 BOS
 GAME 3 : ANA 6 - 8 BOS
カージナルス -1 ドジャース
 GAME 1 : STL 8 - 3 LA
 GAME 2 : STL 8 - 3 LA
 GAME 3 : STL 0 - 4 LA
 GAME 4 : STL 6 - 2 LA
ブレーブス 2- アストロズ
 GAME 1 : ATL 3 - 9 HOU
 GAME 2 : ATL 4 - 2 HOU
 GAME 3 : ATL 5 - 8 HOU
 GAME 4 : ATL 6 - 5 HOU
 GAME 5 : ATL 3 - 12 HOU


 ▼アストロズのココを注目!

 @なんと言っても“キラーB’s”!
  ビジオ(Biggio)のB
  バグウェル(Bagwell)のB
  バークマン(Berkman)のB
  以上Bの付く名前を言うのだが、今季は
  途中加入のベルトラン(Beltran)もBと、
  強烈な4人の打者が迎え撃つ。

 A侮れない投手陣!
  今季ナ・リーグで、20勝で最多勝利の
  オズワルトや、18勝をあげたベテランの
  クレメンスが先発を行い、先発が投げた
  後は、細かい継投策と高い奪三振率を
  誇るクローザーのリッジが相手を抑える。


【リーグチャンピオンシップ結果】
ヤンキース 3- レッドソックス
 GAME 1 : NYY 10 - 7 BOS
 GAME 2 : NYY  3 - 1 BOS
 GAME 3 : NYY 19 - 8 BOS
 GAME 4 : NYY  4 - 6 BOS
 GAME 5 : NYY  4 - 5 BOS
 GAME 6 : NYY  2 - 4 BOS
 GAME 7 : NYY  3 - 10 BOS
カージナルス -3 アストロズ
 GAME 1 : STL 10 - 7 HOU
 GAME 2 : STL  6 - 4 HOU
 GAME 3 : STL  2 - 5 HOU
 GAME 4 : STL  5 - 6 HOU
 GAME 5 : STL  0 - 3 HOU
 GAME 6 : STL  6 - 4 HOU
 GAME 7 : STL  5 - 2 HOU







このページはメジャーリーグ「ヒューストン=アストロズ」を応援するサイトです。
TOPページへ戻る
間違いや意見などございましたらコチラまでお知らせください。情報提供もお待ちしています。
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO