HOUSTON ASTROS FAN PAGE
 ◆アストロズ選手データ ◆Official Page : http://www.astros.com

 メジャー屈指の投手に成長したアストロズのエース。 既にベテランのような安定した投球とマウンドさばきの本格派右腕投手。

 注:英文表記に慣れるため英語にて記載しております。英文文字にカーソルを当てると日本語訳が出ます。

 【44】 ロイ・オズウォルト [ Roy Oswalt ][ Full Name = Roy Edward Oswalt ]
 [ 先発投手 右投げ/右打ち/30歳 ][ メジャーデビュー01/05/06 ][ 誕生日77/08/29 ][ 出身:ミシシッピ州 ]
Year Team (League) Org. Level ERA W L SV G GS CG SHO IP H R ER HR BB SO Salary
1997 GCL Astros (GCL) HOU RK 0.64 1 1 0 5 5 0 0 28.0 25 7 2 2 7 28
1997 Auburn (NYPL) HOU As 4.53 2 4 0 9 9 1 1 51.2 50 29 26 1 15 44
1998 GCL Astros (GCL) HOU RK 2.25 1 1 0 4 4 0 0 16.0 10 6 4 2 1 27
1998 Auburn (NYPL) HOU As 2.18 4 5 0 11 11 0 0 70.1 49 24 17 3 31 67
1999 Michigan (Midw) HOU A- 4.46 13 4 0 22 22 2 0 151.1 144 78 75 8 54 143
2000 Kissimmee (FSL) HOU A+ 2.98 4 3 0 8 8 0 0 45.1 52 15 15 1 11 47
2000 Round Rock (TEX) HOU AA 1.94 11 4 0 19 18 2 2 129.2 106 37 28 5 22 141
2001 New Orleans (PCL) HOU AAA 4.35 2 3 0 5 5 0 0 31.0 32 16 15 4 6 34
2001 Houston Astros HOU MLB 2.73 14 3 0 28 20 3 1 141.2 126 48 43 13 24 144
2002 Houston Astros HOU MLB 3.01 19 9 0 35 34 0 0 233.0 215 86 78 17 62 208 $300,000
2003 New Orleans (PCL) HOU AAA 3.00 0 0 0 1 1 0 0 3.0 1 1 0 0 2 1
2003 Houston Astros HOU MLB 2.97 10 5 0 21 21 0 0 127.1 116 48 42 15 29 108 $500,000
2004 Houston Astros HOU MLB 3.49 20 10 0 36 35 2 2 237.0 233 100 92 17 62 206 $3,250,000
2005 Houston Astros HOU MLB 2.94 20 12 0 35 35 4 1 241.2 243 85 79 18 48 184 $5,900,000
2006 Houston Astros HOU MLB 2.98 15 18 0 33 32 2 0 220.2 220 76 73 18 38 166 $11,000,000
2007 Houston Astros HOU MLB 3.18 14 7 0 33 32 1 0 212.0 221 80 75 14 60 154 $13,000,000
Story of Oswalt

 メジャー2年目にしてすでにアストロズのエース。オズワルトはアストロズのトップ・プロスペクト(有望株)として、シーズン前から期待されていた投手だ。
2000年シーズンAA級で11勝を挙げ、シドニーオリンピックにも出場し金メダル獲得に貢献した。

 アストロズは大学で活躍中のオズワルトに目を付けた。そして、1996年6月のドラフトを23位で指名。だがオズワルトは即入団せず、そのまま大学でのプレーを続けた。しかし、翌年のドラフトが近づくにつれ球速が増し、徐々に評価を高めるオズワルトとなんとか契約しようと、アストロズは50万ドルを用意し、なんとか契約を成立させた。

 2000年は1Aからのスタート。しかし、5月半ばに急遽2Aに昇格し、いきなり15個もの三振を奪う完封勝利を演じた。2Aでは、計19試合に登板して11勝4敗の防御率1.94を記録し、オリンピック代表メンバーにも選ばれた。
シドニーオリンピックでは、ベン・シーツに次ぐ2番手の先発として活躍。2試合に先発登板した(両試合とも相手は韓国)。最終的には銅メダルを獲得する韓国相手に、計13イニングを投げ2失点に抑え、金メダル獲得にした。オリンピックで指揮をしたトミー・ラソーダ監督は、オズワルトを「オーレル・ハーシュハイザーに似ている」と賞賛した。

 いよいよ迎えた2001年の開幕は3Aだった。メジャーへ昇格した5月に、その初戦エクスポスの4番ブラディミール・ゲレーロから高めの速球で空振りの三振を奪う力投を見せた。
 当初、ラリー・ダーカー監督は、昇格したばかりのオズワルトを得点差のある場面で、中継ぎとして起用し、将来性のあるオズワルトがメジャーに順応していくのを我慢強く待とうとした。しかし、メジャー昇格3戦目となる5月14日の対レッズ戦、1点を追う緊迫した場面で、先発したウェイド・ミラーに続く2番手として、6回から登板。3回2/3を2安打、無失点、4三振に抑え、メジャー初勝利を飾った。

 本人曰く、「バッターが速球に対応してきたら、スピードに変化を付けるけど、それまでは速球中心だね」と速球に自信をのぞかせる。
ピッチングは95マイル(約150キロ)の速球で勝負する本格派が、6月に入り切れ味鋭いカーブやスライダー、チェンジアップ、シンカーなどの多彩な変化球を交えてピッチングを組み立て始めると快進撃が始まる。

 チームのローテーション投手だったホゼ・リマがタイガースへ移籍するのと入れ替わりに先発へ起用される。初先発となった6月2日の対ドジャース戦は、6回まで投げ、エイドリアン・ベルトレイのソロホームランによる1点のみに抑えて、初先発の勝利を飾る。その後立て続けに無傷の4連勝。7月5日のダイヤモンドバックス戦では8回を1失点に抑え、相手のベテラン1塁手マーク・グレースはメジャー先発6戦目の新人オズワルトを「彼はピッチングをよく知っているね。あの年齢にしては完成されたピッチャーだ。ウチのカート・シリングを連想させるよ」と絶賛した。

 8月に入ってからは、エクスポス戦でメジャー初完投勝利。コレをきっかけに、それまで抑えていても短いイニングで降板を命じられてきた彼だが、一気に信頼に足りる投手として長いイニングを任せられるようになる。そして、2度目の6連勝をマーク。今季14勝目となる9月9日の対ブリュワーズ戦では、7安打に抑え今季最多の12奪三振を記録し、メジャー初完封勝利をも記録した。

 結局、オズワルトはアストロズ史上新人最多記録の12勝を上回る14勝(3敗)を記録し、ミラーと共にアストロズの原動力となった。そして、惜しくもナショナルリーグ・ルーキー・オブ・ザ・イヤーは、満票のアルバート・プーホールスに奪われたが、堂々の2位だった。
この年残念だったのは、シーズン終盤右股関節に違和感を訴え登板を回避せざるをえなかった為、ワールドシリーズにも出場できなかった事だ。

▼バグウェルのコメント
 「もし、メジャーリーグより上のレベルがあるならば、彼は今すぐ昇格しなけりゃならない選手の一人だろうな。ランディー・ジョンソンがこのチームに来たときのことをちょっと思い出すよ。ゲームが始まる前から、チームが勝ったような気分にさせてくれるのだからね」
▼オースマスのコメント
 「すべてがビッグ・リーグ級の5種類のボールが使える上に、怖いもの知らずで度胸満点だね」


 2003年、順調かと思われたオズワルトだが、結果的に10勝したものの右足の違和感が続き3度のDL入りをしてしまう。オフには、来期以降のため手術も行った。
 その後故障から完全復活し、2004〜2005年と2年連続の20勝を上げメジャーを代表する投手へとステップアップしている。
 その20勝を上げた2005年12月のオフに、ワールドシリーズ(ナショナルリーグ優勝決定戦)でマクレーンオーナーから勝利した場合のプレゼントとして、本人がほしがっていたブルドーザー価格:23万ドル(約2700万円)をクリスマス前にゲット。なんせ、球団創立44年目にして初のナ・リーグチャンピオンですからオーナーも気分良くプレゼントしたことでしょう。

また、ナショナルリーグ・チャンピオンシリーズでは、オズウォルトがMVPを獲得している。

 2006年、アストロズの絶対的エースになったオズワルトだったが、貧打に嘆いていたチームにミゲル・テハダ遊撃手のトレード話の際にオズワルトの名前が挙がっていたことなどがあり、不信感もあったようだが8月29日の誕生日に、アストロズの過去投手最高契約金額となる5年総額7300万ドル(約85億4000万円)で契約し、生え抜きエースの座を不動のものとした。

 2008年も5年連続となる開幕投手を務める。



【ロイ・オズウォルトの記録】
■オールスター



■マイナーリーグ



■ベースボール・アメリカ


2005年 [ ヒューストン・アストロズ 開催地:コメリカパーク ]
2006年 [ ヒューストン・アストロズ 開催地:PNCパーク ]


2000年 [ ヒューストン・アストロズ マイナーリーグ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー ]
2000年 先発投手 [ ダブルA オールスター ]


2000年 先発投手 [ 1st チーム マイナーリーグ オールスター ]
2002年 先発投手 [ セコンドチーム メジャーリーグ オールスター ]
2004年 先発投手 [ セコンドチーム メジャーリーグ オールスター ]
2005年 先発投手 [ ファーストチーム メジャーリーグ オールスター ]







オズウォルトのサイ・ヤング賞獲得票
Oswalt's NL Cy Young Award Voting Rank
Date Voting Rank Cy Young Award
2001
2002
2004
2005
2006
Rank 5
Rank 4
Rank 3
Rank 4
Rank 4
ランディ・ジョンソン
ランディ・ジョンソン
ロジャー・クレメンス
クリス・カーペンター
ブランドン・ウェブ












このページはメジャーリーグ「ヒューストン=アストロズ」を応援するサイトです。
TOPページへ戻る
間違いや意見などございましたらコチラまでお知らせください。情報提供もお待ちしています。
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO