HOUSTON ASTROS FAN PAGE
 ◆アストロズニュース ◆Official Page : http://www.astros.com

 [2004/08/19]■アストロズ史上13年ぶりのトリプルプレイが成功!


現地8月19日に行われたフィラデルフィア・フィリーズ戦で、アストロズ史上1991年8月4日以来となる、トリプルプレイが成功されました。

事が起きたのは、2-4と負け越していた5回裏に、さらに3点追加され2-7で無死満塁の時でした。バッターのトッド・プラット捕手が打った打球はサードへのゴロ。誰もがホームへ送球すると思われたのだが、サードの守備に入っていたモーガン・エンズバーグは3塁を踏んで2塁へ送球。意外な送球をセカンドのジェフ・ケントがうまくカバーし、1塁のマイク・ラムへ送球すると、みごとアウトにしてトリプルプレイの完成となった。

エンズバーグが3塁を踏んだ時、フィルガーナー監督は『What the heck are you doing?「いったい、何をやってるんだ」大阪弁だと「なにやってんねん」』と叫んだようだが、すでにその歴史的なスーパープレイは進行していた。

常識的に考えれば、こんな場面ではホームへ送球するのが基本なのであるが、不思議な力が働いたのか?!もしくは、何かが覚醒したのか、エンズバーグは3塁を踏んだのである。この時、当然ケントはカバーの準備をしていなかったので、後に「不意をつかれた」と述べており、同じくラムもホームへ送球と思っていたのだが、エンズバーグが3塁に行くのを見て素早く対応した模様。

また、不思議なことにエンズバーグは、1週間前にゲーリー・ガエッティ打撃コーチとトリプルプレイについて議論していたといいます。

アストロズの最初のトリプルプレイは、1991年8月4日にホームゲームで行われた対ロサンゼルス・ドジャース戦で、マイク・シムス、ケン・カミニティ、アンジャー・セデーニョの3人によって行われました。

ちなみに、試合はアストロズが7回に7点を追加し、さらに8回に2点追加で合計12点を取り、12-10で勝利し、アウェイで行われたフィラデルフィア・フィリーズ戦をスウィープして、60勝60敗と成り勝率5割に復帰した。

エンズバーグは、チャレンジャーなのでしょうか?!...



え!大阪弁の引用はいらないって?スンマセン




エンズバーグの送球を受け、2塁でマーロン・バードを
アウトにし、ケントが1塁に投げてトリプルプレイが完成した。




このページはメジャーリーグ「ヒューストン=アストロズ」を応援するサイトです。
TOPページへ戻る
間違いや意見などございましたらコチラまでお知らせください。情報提供もお待ちしています。
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO